子どもたちにがんばる力とできたときのよろこびを・・独自の段階的運動プログラム 年間全国15000人の指導実績

ブログ

NCS九州支部 アウトドアに行って来ました!(2019.11.17)

この度はご参加ありがとうございました!
以下、九州支部 落合先生からのコメントです。

ナカムラチャイルドスポーツ 九州支部 アウトドアを開催しました。

午前中はキリンビール福岡工場にて工場見学、午後からは大刀洗公園で思い切り遊んできました!
学びと遊びに、充実した1日となりました。

徒歩での移動もありましたが、小学生のお兄さん、お姉さんが年長さんの手を取りたくましくサポートしてくれました。ありがとう!

今後も子どもたちにとって、忘れられない思い出となるイベントを開催してまいります!

楽しかった無人島キャンプ 2019

 

令和初のサマーキャンプ!

2019.8/4~6 今年も無人島キャンプにチャレンジしました!

今年のテーマは「TRY ~仲間と共に~」でした。

みんなで一致団結。楽しく乗り切りました!

活動の様子はこちら

http://www.nakamura-cs.com/now

NCSがアウトドア活動で大切にしていること

ナカムラチャイルドスポーツでは、様々なアウトドア活動を企画しております。

寝食をともにしながらの合宿活動や日帰りのアウトドア活動などなど。

私たちはその中で、普段見ることのできないこどもたちの新たな面を垣間見ることができる、最高の時間となっております。そこで得た新しい個々の発見は指導にも生かすことができます。

毎回、こどもたちは、親元を離れ、初めて出会うお友達ともそれぞれが楽しく輪を広げています。関東と九州や九州と関西のこどもの中で文通が続いていると耳にします。嬉しいことです。

学校のこと、遊びのこと、友達のこと、食事のことなど、話題もそれぞれです。

近年はこれらのことを「コミュニケーション能力」といった言葉で表現するようになっています。この能力は最近の若者を含め、低下しているといわれています。

私たちは、大人の介入しないこども同士の関係の中でこそ、コミュニケーション能力や問題解決能力は自然と育つのだと考えています。

当然、任せておくと、こどもによっては、自己表現ができずに困る場面があったり、力尽くで意見を通そうとすることがあります。

NCSが運動能力育成クラスで大切にしていること

ナカムラチャイルドスポーツには、ご受講される皆様の目的に合わせた様々なクラスがあります。

中でも、「運動能力育成クラス」は小学校受験に向けたクラスとなっておりますが、他のスクールとは違ったスタンスで開講しております。

入学のためのセレクションがある小学校様がテストを実施する場合、求めるこども像として「素直で元気で、何事にも意欲的に取り組めるこども」を運動を通して観察、評価されます。

私は、何もかもまだ未熟なこどもに習い事で、ただただ、出題される運動テスト対策をする授業を行うことに疑問をもっております。親子で疲弊してしまっている姿も幾度となく見てまいりました。

あくまでも合格をいただくことが最大のミッションではありますが、そこだけに留まらず、このレッスンを通してこどもたちに伝えてやりたいことを「マスター」していただくことをNCSでは大切にしています。以下に列記します。

 

・情報を正確にキャッチできる力を身に付け(見る・聞くこと)、そこから得た情報を基に、イメージ通りのパフォーマンスができる力を身に付ける

2018.6 工場見学と野外料理つくりに挑戦しました!

平成30年6月10日(日)、午前中はアサヒビール工場見学に、そして京都に場所を移動し、午後からはハヤシライス、フルーツポンチを作りました!

みんなの協力のおかげでとてもおいしいハヤシライスが完成しました。とても楽しい1日でした。

当日の活動の様子はホームページ「本日の活動」で写真をアップしております。ぜひご覧ください!

NCSでは今後、夏の合宿として、恒例の無人島合宿を予定しております。

皆様のご参加をお待ちしております!!

代表随想

私はNCSのスタッフによく言うことがあります。それは 「あなたにしかできない技をもちなさい」 ということです。簡単に言ってしまえば、誰にで もできるようなことであれば、あなたでなくてもいいんです。
要するに体育指導に必要な、職人の技を身につけるということ。そして、その分野で必要とされる人間になってもらいたいと思うんです。

五感を研ぎ澄ませば、さらに第六感がうまれるといわれます。いわゆる、シックスセンスと呼ばれるものです。
先日、酒樽の工場に見学に行きました。日本酒をつくる工程の説明もうけました。今でこそ、機械での管理ができていますが、昔はすべて職人の手作業で つくりだされた。とくにお酒は温度管理、調合のタイミングが難しいとされているのですが、目や匂いなど五感をフルに使っての手作業を寸分の狂いもなく作業 し、美味い酒を作り出していました。まさに職人技です。

あなただからできること、あなたにしかできないことをもつことは、これからの大学全入時代の世の中で、今まで以上に必要とされるのではないでしょうか。